NEWS

2016.11.24

【発表】 UEIリサーチ研究員がSIGGRAPHASIA2016にて論文発表!

「UEIリサーチ」(所長:西田友是東京大学名誉教授)とその研究員は、12月5日から8日までマカオで開催されるコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する国際会議「SIGGRAPHASIA 2016」のTechnical Briefs部門において、UEIリサーチ研究員の論文を発表いたします。

UEIリサーチからの発表論文は”A Combining Method of Fluid Animations by Interpolating Flow Fields”です。この論文では、流れ場を部分的に合成する手法を提案します。これにより既に計算されている流体アニメーションを組み合わせて、シミュレーションの実行をすることなく、新たな流体アニメーションを高速に作成することができます。

SIGGRAPHASIAは、アメリカのACM(計算機学会)が主催し、1974年から毎年北米で開催されている世界最大、かつ最も権威のあるデジタルメディア・デジタルコンテンツに関するカンファレンス・展示会「SIGGRAPH」のアジア大会です。第1回は2008年にシンガポールにて開催されており、日本では過去2回開催されております。

現在ポスター論文も含め、設立から3年余の間に50編もの論文が UEIリサーチの研究成果として採択されています。

UEIリサーチ論文リスト: http://nishitalab.org/user/UEI/UEIpublication.html
SIGGRAPHASIA 2016: https://sa2016.siggraph.org/en/